アニクラはじめました

読む ANIMARKE SYSTEM

13日目

リアニに行ってきました。

本当は次の日はイベントでDJとフードをやらないといけないので、行くつもりじゃなかったんですが、「寝なければ」行けることに前日くらいに気づいたので、当日、行くことにしました。

agehaOUTLOOK.JP以来、二度目です。相変わらずagehaは千葉なので、東京に着いてからも遠いなって思いました。もしかすると東京ディズニーランドみたいに、あそこは東京かもしれません。

 

リアニメーションのことをブログで書くのは、これで三回目になります。

最初は、リアニ9。行ってないけど書きました。外の世界といかに調整するか、公共性とは?みたいなことを書いたような気がします。気がするだけかもしれません。

 

二回目は、リアニ10。これは行きました。レイブとフェスの違いとか、音のこととか、公共性が薄れたかもとか、なんかそういうことを書いた気がします。気がするだけかもしれません。

 

そして、今回、三回目を書くわけですが、思うに、実際に足を運ぶとどうしても「とりとめ」がなくなってしまう傾向にあるような気がします。やはり、イベントというのは体験で、体験というのは情報量が多いんだなぁと感じる次第です。当たり前のことですが。

 

ですので、理想論としてなるべくならば出来る限り理性的で抽象的でありたいと思うので、リアニ11の感想をブログに書くのを控えていたのですが、まぁ、そういうものかもなーと思い、つらつらと書き連ねていくことにしました。お付き合いいただければ幸いです。付き合わなくてもいいです。可愛い女の子とは付き合いたいです。

 

まず、メインアリーナのオープニングサプライズスーパーシークレットゲストに909stateさんがLIVEを行なったこと、これは本当にすごいことだと思うし、最高にクレイジーだと思います。色々な利害関係やらも絡み合いながら、すごく綿密に組まれたであろうタイムテーブルやセッティングの合間を縫って、思い切りドープな飛び入りという事件をぶちこんだ運営の胆力には頭が下がる思いです。

見逃しましたが。

見逃しましたが。

 

agehaのアリーナは流石というか、音がよかったです。

サブウーファーとの位置関係によって、低音とそれ以外のバランスが変わるのは古い設計なのかもしれませんが、自分の好きなバランスのところを探して、そこで音に浸ることができるので、楽しかったです。

しっかりとしたサブウーファーが置かれたクラブでアニソンを聞いた時にしばしば起こる現象として、低音が強くなりすぎて訳がわからなくなる、そんな楽曲も中にはありましたが、それはDJ側のサウンドシステムを使いこなすスキルの問題だし、大箱に慣れることで、そのうち解決されて行く問題だろうと思いました。

とはいえ、 agehaのメインで聞くHARDFLOORはキック1発でオタクを黙らせるくらいの音の違いがありました。胸が大きくて派手で踊るのが好きそうな女連れや、脇目も振らずにガン踊り勢というような、おそらくはHARDFLOORのファンなんだろうなって人たちもフロアにはそれなりにいましたが、ちょっとおしゃれ目?のオタクの人たちが大半で、それでも楽しそうに踊ったり体を揺らしたり、手をあげたり、と楽しんでいたのが印象的でした。純粋にデカイ音のキックはカッコいい。303のウネウネビキビキはカッコいい。思わずその場で303クローンをヤフオクで入札してしまうほどでした(結果、落札できませんでしたが)。

また、レーザーとVJが阿吽の呼吸で織りなす映像と空間の演出も息を飲む美しさは圧巻でした。それでいて音楽を邪魔するものでは決してなくて、これは大きな箱でないと得られない楽しさだなと思いました。あんまり良かったので、プレイが終わってからVJブースによじ登って「VJ最高!!!」とどう考えても少ない語彙で叫んでいました。今思うとセキュリティに怒られなくてよかったです。

面白かったのはBOXでした。

アニソン原曲の人が多かったのですが、音がそこまで無理して大きくした感じではなく、楽に聞けました。アニソン原曲の音は苦手な方なんですが。さらに僕の苦手なマイクを持って煽るDJさんもいたのですが、そのマイクも含めて耳が疲れないような設定で、とてもよかったです。リアニ@agehaには、いわゆるラウンジフロアがないので、音楽を聴きながら耳を休めるにはBOXは最適でした。ただ、アニソン原曲で嫌が応にも盛り上がる上、囲まれ感の強い場所に人がたくさん常にいるって感じなので、ゆっくり出来る感じではありませんでしたが。僕が見たときは、BOXのVJは抽象的でも幾何学的でも明暗の演出をしてるわけでもなさそうで、古いビデオジョッキーを見ているような感じでした。具象的で関連があるのかないのか微妙な映像が、ここがいわゆる「アニクラ」でないことを余計に感じさせてしまい、個人的にはとても疲れました。関連性を無意識下で探してしまうことで、集中できなかったです。ですので、目を瞑って聞いていたら、音はアニソンDJ特有の「関連性」で満たされていて、つなぎ自体もうまかったので、あんまりにも心地よくて体を揺らしながら寝てしまいそうでした。とはいえ、BOXは囲まれ感の強くて一番小さなフロアなので、ここでDJずっがプレイした時はすごかっただろうなって思います。そういえば、DJずっを遠目で見ました。頭が小さくて細くて可愛かったです(小並感)。

waterはEDMでした。EDM詳しくないので、断定はできませんが、多分、そういう感じだと思います。ここがアニソン原曲だと、絶対、SPLASH FREEとかかかってプールにSPLASHしてFREEになるヤツ続出だったと思うので、EDMでよかったって思いました。

ISLANDは色々なカラーのDJがいたように思います。でも、まぁクラブらしい音が鳴るフロアなので、クラブらしい音楽が流れていたと思います。多分、テクノとEDMです。詳しくないので、わかりませんが。

 

基本的に、4フロアあるので、ハードフロアの時以外は、くらげのようにフラフラと各フロアを回っていました。さすがはageha、それなりの音量を出していてそれぞれのフロアでは満足のいく鳴りなのに、各フロアの音が干渉せず、それぞれのフロアでそれぞれの音を楽しむことができます。BOXはアニクラ、アリーナはメイン感があって、ウォーターはEDM、アイランドはセカンドフロアって感じなのかなーとか思いつつ、全体では統一感があるパーティーだと思いました。確かめたわけではないのですが、「ゲスト」ってDJの方以外は、リアニメーションで過去に回したことのあるリアニ感のあるDJが多いのかなと思いました。○年ぶり⚪︎回目出場みたいな古豪強豪の揃ったベスト16くらいの春の甲子園みたいなメンツといえばわかりやすいでしょうか(わかりにくい)。つまりは、ハードフロアも含め「これこそがリアニ!」という感じのパーティーだったのではないでしょうか。

ただ、どこにいってもどこを切ってもリアニだという印象です。フロアを移動してもテクノ、フロアを移動してもEDMという瞬間があり、移動しなくてもよかったなと何度も思いました。BOXだけが安定して良質の音のアニクラで、結果的にBOXにいることが多かったように思います。

これはリアニ10では感じなかったことでした。

もっとも、僕が日頃偏った音楽ばかり聴いていて、そういう偏った音楽は聞けなかったから、世を儚んでいるだけなのかもしれません。フジロックに行っても、どれも一緒だったっていう可能性が僕にはあります。

 

 

リアニ10は、リアニの未来を僕に感じさせました。

リアニ11は、リアニの今と過去を僕に見せてくれたように思います。

 

リアニ11は、リアニメーションとしては珍しく、外部の目に晒されなかったナンバリングのリアニです。だからこそ、リアニらしさを思う存分発揮したリアニたりえたんでしょうし、そのことを最大限活用した様々な試みもあったことでしょう。僕の背は低いので、そんなに遠くの景色は見えませんが。

 

 

 

12日目

アニソンDJは何をつないでいるのか、みたいなことを書きました。

アニソンDJは、

1)アニソンの音楽的な要素

2)アニソンの音楽以外の要素(主にアニメに依存するもの)

をつないでいます。

どちらか一方の場合もありますし、両方の要素をつないでいる場合もあります。

 

さて、そこからです。

その先を考えましょう。

1)音楽的な要素をつなぐ意味はなんでしょう。

違和感なく、次の曲に移るため……

それは、主に「踊らせるため」「足を止めないため」ではないでしょうか。

その理由を考えると、BPMが同じだからと言ってノリの違う曲は繋がないはずです。

「セオリー」には理由があるはずですし、理由を理解しなければ、「セオリー」を守ることに自体に意味はありません。

 

 

では、

2)アニソンの音楽以外の要素をつなぐ意味はなんでしょうか。

なぜ、監督つなぎや、声優つなぎ、制作会社つなぎをするのでしょうか。

違和感なく、次の曲に……移れませんよね?

踊りやすくなるわけでも、足が止まらないわけでもない。

むしろ、そういう「意味」のつなぎが決まった時、フロアは足が止まることが多いような気すらします。

では、なぜ、「何の為に」、アニソンDJはアニソンの「意味」をつなぐのでしょうか。

 

セオリー自体は割と聞くのですが、その理由ってあまり聞いたことがないなーって思いました。

 

このセオリー、みなさんは何の為だと思います?

11日目

「もうブログ書くのやめたの?」という声を一部で聞きましたので、思い出したように書きます。

 

アニソンDJはむつかしいとかよく聞きます。

その理由に、こんなのを聞きます。

 

BPMがバラバラ」

「間奏が短い」

「ジャンルが多岐にわたる」

「監督つなぎや制作会社つなぎなど、つなぎの意味を考えないといけない」

等々……

 

本当にそうでしょうか。

「アニソン」を「つなぐ」のは「むつかしい」のでしょうか。

 

まず、そこらへんを考える前に、アニソン以外のDJが言うところの「曲をつなぐ」を簡単に考えて見たいと思います。

DJが曲をつなぐのには、

1)BPMをあわせ、

2)EQをコントロールすることで違和感なく

3)徐々に次の曲へ移行

いかないといけません。

 

これをふまえた上で、上に出した例を考えて見ましょう。

BPMがバラバラだからつなぎにくい。

たしかに大変そうですね。でも、つなぐには、結局BPMの近い曲をつながないといけないので、一緒なんじゃないでしょうか。

BPMが違う曲をつなぐ場合、いろいろな方法がありますが、結局のところ誤魔化してるだけで、「つないでいない」んですから。

BPMが近い曲はつなげる。近くなかったらつなげない。

BPMがバラバラでも、つないでいないのなら、DJとして別に難しくなる要素ないと思います。

 

間奏が短いとどうでしょうか。

間奏が短いとたしかに繋ぐのは大変そうです。でも、時間的に短いのはどうしようもありません。徐々に次の曲へ移行するのは無理なのです。これも「つないでいない」のでないでしょうか。

 

ジャンルが多岐にわたるとどうでしょう。

アニソンDJに限らず、ジャンルを横断してDJをする人なんて、今はざらにいます。別にアニソンDJに限ったことではないのです。

さらに言うと、一般的なDJにおける「ジャンルを横断」って、他の曲をつないでいくように徐々にジャンルを繋いでいきながら変えていくんです。例えば、ガラージからグライムに横断していくときは、ガラージからグライムへの過渡期の曲や、グライムを経由したガラージとか、ボーダーレスな曲とか、一旦ウェイトレスを挟んで……とか、曲を繋ぐように、ジャンルをつなぎます。

アニソンの場合、音楽的に多岐に渡るのと、ジャンルを意識した曲が少ないのとで、ジャンルをつなぐのが極めて困難だと思われます。

そういうつなぎ方をすると難しいでしょう。

そこまでジャンルを意識してつないでいないのなら、やはり「つないでいない」のではないでしょうか。

ジャンルがバラバラでも、つないでいないなら、別にDJとして難しくなる要素ないと思います。

 

「監督つなぎや制作会社つなぎなど、つなぎの意味を考えなければならない」

その曲のアニメの監督の名前や制作会社とか覚えないといけませんね。それは大変ですね。曲の他にアニメの知識もたくさん必要です。アニメも見ていないと「主人公が嘔吐するアニメ」つなぎとか出来ませんから、アニメ本編も見なければなりませんね。大変そうです。たしかにアニソンDJ、むつかしそうですね。

でも、いくら同じ監督でつなごうが、制作会社でつなごうが、主人公が嘔吐した作品でつなごうが、曲はつながってませんよね? やはり「つないでいない」のではないでしょうか。

監督つなぎとかしても、曲をつないでいないのなら、別にDJとして難しくなる要素ないと思います。

 

では、アニソンDJは、むつかしくないのでしょうか。

 

ここまで書いておいてなんですが、僕はアニソンDJはむつかしいと思います。

 

ここまで書いてきたことと、結論が矛盾しているように見えますね。では、こう書きましょう。

DJとしては「つないでない」んだからむつかしくないですが、アニソンDJはむつかしいです……と。

 

僕が思うに、アニソンDJは曲以外の「何か」をつないでいるんです。

先ほど例に挙げた「嘔吐つなぎ」なんか、僕は聞いてて「げぇっ!」ってなりました。嘔吐だけに。

f:id:k_kinono:20171104082204j:plain

これこそ、アニソンDJの真骨頂と言えるかもしれません。

 

では、アニソンDJは何をつないでいるんでしょうか。僕には「これ」と言った答えの持ち合わせはありません。

もしかしたら、フロアや僕らの心をつないでいるのかもしれないですね。

 

 

 

※ 曲も、それ以外の「何か」も綺麗につなぐアニソンDJの方もおられます。それには、DJとしての知識と技術、アニソンDJとしての知識と技術、両方が求められます。

 

 

 

 

 

 

 

10日目

とあるツイートを見て、つい

「こんなイベント欲しい」って言うなら、やれよ。

と呟いてしまった僕ですが、それができる時代なんだし、間違ってはいないよな〜と思いつつも、言い方がよくなかったなーとは少し反省しています。

そんなわけで、何度か書いているような気もしますけど、イベントのやり方です。

 

「こんなイベントやりたいなー」と思ったら、まずは、周りの人にそのことを伝えます。

「こんなイベントがやりたい」って。

リアル友達が少なければ、SNSでも構いません。

そうすると反応が返ってくると思います。

「お、面白いね」とか「お、出たい出たい」とか「行きたいね」とか「つまらなさそう」とか「バカじゃね?」とか。

その反応も大事ですし、参考にしてもいいんですけど、それよりもまず大事なことは「宣言」すること自体です。

宣言すると、やろうかなって気になりますし、もしかすると「お、やろうよやろうよ」って声が出るかもしれません。もしかしたら、ですけど。

※DJの人は、「オファー欲しい」とか言ってる暇があったら、こういう時にとりあえず「いいじゃん!やろうよ。協力するからさ」とかなんとか言うと、いいと思います。あとで「ごめんその日は都合悪くてさ、代わりのやつ紹介するよ」とか言ってもいいし。

 

次にやる場所を探します。

やりたいイベントにあった場所を探してください。

特になかったら、最近ではアニクラ専用クラブみたいなところも増えて来たので、そこに相談してください。アニクラ専用のクラブなら「は?アニクラ?寝言は寝てから言えや。それとも、その呆けた顔に鉛玉ぶち込まれてェのか?」とか言われないので、安心です。クラブと一言にいっても、いろんな需要やジャンルがあります。クラブという場所を信用して遊びにくるお客さんもたくさんいます。どこでもアニクラウェルカムではありませんので、注意してください。まぁ、別に僕はそんなこと言われたことありませんが。

勿論クラブだけがアニクラができる場所とは限りません。

場所が決まれば、あとは、日にちと時間、お金の相談します。土日や祝日は人が来やすいので、お客さんがたくさん来てくれるかもしれませんが、レンタル料は総じて高くなります。レンタル以外の貸し方をしてくれる場所もあります。

 

あとは、出てもらいたいなーって人に話をします。

「こんなイベントを〇〇って場所で、何月何日にやるんだけど、出ていただけませんか?」

って感じです。いいよって話なら、話し合って、条件決めるといいですね。

 

出演者が全部決まったら、それぞれの機材を聞いて、その上で、タイムテーブルを当日までに決めます。機材を聞くのは、ブースの中の置き場所やら転換やらで混乱しないようにです。だいたいはそこまで相性悪い場合は少ないし、慣れてる人はなんとかするので、別にその場で決めてもいいです。どっちにせよ、機材のことや現場のことは多少なりと知っておくとトラブルは未然に防げるし、知ってる人がいると心強いです。足りない機材がもしあったとしたら、何とかしないといけないしね。

 

まぁ、そんなこんなを決めていけば、自然にイベントなんてやれちゃうんですが、どうにもイメージつかないなって思ったら、もうそのイベントのフライヤーを作っちゃうんですよ。フライヤーなんて作れない!ってことならツイプラをつくっちゃってもいい(公開しなければいいだけだし)。フライヤーとかツイプラ見たら、ある程度、アニクラに行き慣れてる人なら具体的にイメージ湧くんじゃないかな。

 

後は当日、思いっきりたのしみます。だって、自分が欲しいって思ったイベントなんでしょ。それが実現したんだから楽しまなきゃ。

 

というわけで、イベントやるのなんか簡単です。誰でもできると思いますよ。

 

あ、これはあくまで「できる」って話なので、イベントで儲けたい とか 大きなイベントをやりたい! とか言う人は他のブログを読んでくださいね。

 

 

 

 

 

9日目

色々とハードウェアのシンセを買ってて、わかりやすい機材とかオススメとか多少なりとメモ程度に書こうと思います。そのうちちゃんとまとめられるといいと思います。

 

・とにかくわかりにくいハードウェア

ELEKTRONの機材。特にOCTATRACKはわかりにくいです。僕も痛い目にあいました。ELEKTRONの機材はとにかく多機能でいろんなことができます。そしてコンパクトでシンプルです。それが、いざ操作するとなると、全てが「わかりにくい」につながるのです。でも、それをまとめる思想みたいなのは至極シンプルっぽいので、一度、腑に落ちるとすごく納得できるんじゃないかなって思います。

 

・とにかくわかりやすいハードウェア

monologueはわかりやすいです。キーボードを押せば音がすぐ出ます。音がすぐ出るって言うのは、触ってるうちになんとなくわかる部分も多くなります。

そしてつまみが多いです。それも、音作りに関するつまみが多く、それもシンセサイザーの音作りの順番に則って、配置されてます。音の仕組みを理解しながら、音が作り込めます。そう言う意味ではMINITAURもわかりやすいです。でも、キーボードがついていないのですぐに音が出ません。

 

・わかりにくいハードウェア

イオニアのTORAIZ AS-1は、ライブで音をいじることの楽しみを前面に押しています。つまみが少なく、効果がわかりやすいものに絞られています。反面、 音作りを一からしようとすると、ほとんどのパラメーターが影に隠れているので、非常にしにくくなります。あと設定の仕方とかそういう細かいところの作り込みが使いにくい気がします。

 

・わかりやすいハードウェア

waldorfのpluse2は、一見とっつきにくそうなんですが、わかる人にはすぐわかると言う感じの機材です。シンセの音作りの仕組みに沿ったつまみの配置なのです。お値段もそこそこで、かなりの音の幅があるので、素敵です。ただ、こんなにクセのない綺麗な音が欲しいなら、ソフトシンセでいいんじゃない?という意見もあります。もっともです。

analog RYTMはELEKTRONの機材の中ではわかりやすいと思います。叩くと音が出るし、わかりやすいELEKTRONのシーケンサーを組み合わせると、簡単に組めるからです。ただ、それ以外の機能も山盛りになってるので、「とりあえず気軽に楽しめる。奥も深い」というベストな機材の一つだと思います。サンプラーにもなりますし。

 

今日のまとめ

まとまりませんでした。

8日目

ここ3ヶ月くらいかな?

ヴェポライザーを使っています。

ヴェポライザーというのは、加熱式タバコの機械です。

iCOSみたいなもんですが、カートリッジ専用機ではなくて乾燥した刻んだ葉っぱならなんでも加熱して、その煙を楽しめます。

乾燥した刻んだ葉っぱならなんでもいいので、本来の目的とは違うそうですが、手巻きタバコ用の刻みタバコ(シャグ)を入れて吸ってもいいわけです。

ヴェポライザーにはたくさん種類があって、五千円くらいで買えるのもあれば3万円超えるような高級機種もあります。

「どこが違うの?」と専門店の人に聞いたら、「そんなことを聞くような人は買っても意味がないから一番安いのを買いなさい」と言われました。なるほどと思いましたが、今、冷静になってムカついています。

中に入れる葉っぱによっても、葉っぱの詰め方によっても、機種によっても、そして温度設定によっても、味も煙の量も変わります。

その味ですが、iCOSに傾向は近いですが、やっぱり違います。

煙の量はとても少ないです。少なすぎるので、リキッドベイプのリキッドを少し足す人もいます。そうすると煙が出ます。僕も少し試しましたが、今はしていません。

シャグは、バニラフレイバーなどの甘い系統が「美味しい」と思う人が多いようです。アメリカンスピリッツ等の乾いた味は「辛い」と思う人が多いようです。メンソールも人気があるそうです。

僕は、スタンレーのバニラに、スタンレーのミントを少し混ぜるのが好きです。

手巻きのシャグ30グラム買うと、かなーり持ちます。一回につき数時間もiCOSや普通の紙巻よりもかなり長く、葉っぱの消費量も少なめです。

後片付けも灰が出ないので簡単です。ただ、iCOSと違い、葉っぱが散らばるので、汚らしい印象になるかもしれません。

充電は、パソコンからUSBケーブルを通して行うのが一般的です。

タールは出ないということで健康にいいと言うことですが、ニコチンを純粋に摂取している感があり、ニコチン中毒養成マシーンといった感があるかもしれません。

僕はクラブでしかタバコは吸わないのですが、今は毎日吸うようになりました。

それでも、日々のタバコ代は下がっています。ヴェポライザー本体の減価償却を考えると、微妙かもしれません。iCOSと同様、加熱式タバコは壊れやすい傾向にあるようです。仕方ありません。本来の用途とは違うのですから。

ただ、加熱式タバコに慣れると、普通の紙巻タバコには戻れません。匂いが強く感じられます。

 

オススメのヴェポライザーはこれです。

http://www.temakiya.jp/158_1087.html

 

本来は大麻吸引用です。

7日目

イケアに行って来ました。

ついに名古屋地方にもイケアができたのです。

名古屋のイケアって、都市伝説だと思っていましたよ。

 

レコードがちょうど入る高さの棚とか、DJしやすい高さに変えられる机とか、そう言うのがたくさんあって、夢が広がりングでしたが、激安電源タップを買って帰って来ました。いつの日か、イケアでレコードの入るDJブースとかDTM机とか作りたいですね。

今のは、拾って来た棚とカラーボックスを骨組みに2×4材とかで自作した机を使っています。まぁ、それなりに使いやすいんですけどね。

あ、DJブース、パソコンのキーボードの高さ、モニターの高さはちゃんと自分に合わせた方がいいです。高さがあっていないと、肩こりになりやすい人はガッツリ壊します。僕は手首をバッチリ壊しましたので、高さをちゃんとあわせました。体が一番。