読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニクラはじめました

読む ANIMARKE SYSTEM

アニソンVJが全てを支配する。

アニクラでは、アニソンVJが支配します。

 

そして、次の曲が始まります。

その時はまだ、前の曲の余韻がフロアを満たしています。

一部のコアな客層が奇声をあげます。

バーカンでゆっくり飲んでいた客が、ヤッター!!と叫び、走り出します。

DJは慌ただしくEQとフェーダーを操作し、体をしならせ、アピールします。

多くの客が「何かが始まった」ことを知ります。

そして、踊る足を止め、耳をすませながら、スクリーンに注目します。

スクリーンの映像は次第に姿を変え、余韻から予感へと誘って行きます。

次の曲の歌が始まります。

最前の客が拳を振り上げます。

ヤッターダッシュが、最前に、スクリーン前に、到達します。

映像は切り替わり、アニメのタイトルがスクリーンに大写しになります。

 観客が爆発し、「わかる」のうなづきが大波となり、フロアを飲み込みます。

スクリーン前には祈りを捧げる者が列を作ります。

この時、DJに注目する者は少なく、指をくるくる回しリワインド要求をする者は、さらに少数でしょう。

多くの注目がスクリーンに注がれます。

スクリーンを操る者。それがアニソンVJです。

アニソンVJは、映像を支配し、空間を支配し、フロアをひとつにします。

 

アニクラの支配者は、アニソンVJです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、リアニメーションはDJの祭典だと思います。

※ちへさんより「リアニの主役はフロアなんです」とのお言葉をいただきました。